ピックアップ

摂取に気をつける

高脂血症は自覚症状がなく進行する場合が多いので注意する必要があります。また症状が進行すると動脈硬化などの危険性もあるので、食生活ではコレステロールの摂取に気をつけると良いです。

詳細を読む

定期的な検査

人間ドッグの検査を受けることにより病気の早期発見をすることができます。検査を受けるときは問診カードに記入をしてから専門医とカウンセリングをします。また検査のときは食事制限をしないと、満足な検査結果を得られない可能性があるので注意が必要です。

詳細を読む

アレルギーの問題

アレルギー性鼻炎になるとくしゃみや鼻水などの問題に悩まされてしまいます。季節を問わずにその症状が現れてしまいますが、専用の薬やスプレーなどで改善できます。人によっては手術をする場合もあります。

詳細を読む

病気の症状

自律神経失調症になると身体的と精神的な問題に悩まされてしまいます。また全身で働く機能バランスが崩れるため、日頃からストレス発散をすることで少しずつ症状改善ができます。

詳細を読む

サプリメントの活用

鼻炎に悩まされるとくしゃみや鼻水などの症状が起こりますが、花粉症予防としてサプリメントを服用すれば症状を抑えることができます。免疫をつけるために乳酸菌やヨーグルトなどを摂取するのも効果的だとされています。

詳細を読む

その人に合った治療法

高脂血症治療薬の副作用について

小さい頃に母親がよく薬を飲んでいたのを記憶している。高脂血症ということだったが、別段肥満ということでもなく、なぜそんな薬を飲んでいるのかと思っていた。私もある時、コレステロールが高いといわれ、すぐに母親のことを思い出し、医師に伝えたところ、家族性の高脂血症ですねと言われた。それ以来、高脂血症の薬を飲み続ける日々になったわけであるが、最初は億劫に感じていたものの、夕食後に1回飲むだけなので、毎日しっかりと飲み続けていた。確かに、その薬の効果は高いらしく、コレステロール値はすぐに下がり、安全といえる数値にで安定し、一安心していた。しかし、半年くらいたった頃から筋肉痛の症状に悩まされることが増えたような気がし、年のせいなのかと考えもしたが、少しの運動でも筋肉痛の症状がひどく、趣味であるジョギングをするのが苦痛に感じるようになっていた。

副作用の症状に合わせた薬の選択

問診にいった際に、何気にその症状を医師に相談してみたところ、今服用している薬の副作用である可能性が高いといわれた。何でも、高脂血症の薬にも様々な種類があるらしく、今服用している薬の種類は、高脂血症にはまず第1に選択する種類で、スタチン系と呼ばれるものらしい。高脂血症の症状を抑える効果は高いものの、副作用の症状として、筋肉痛がおこったり、腹痛や吐き気等の症状もあるらしい。言われてみれば、飲みすぎたわけでもないのに、朝に吐き気のする日もあった記憶がある。薬の効果が高いのははかるが、副作用に悩まされる日々も苦痛で、特に趣味であるジョギングができないのはストレスも感じていたため、医師に相談したところ、別の種類の薬を勧められた。もちろん、その種類の薬も高脂血症の薬としては十分に効果のある薬であるらしく、さっそく、その薬に変えてみることにした。次第に筋肉痛の症状もなくなり、私としては十分に満足している。このように、高脂血症には様々な種類の薬があり、副作用も様々なので、合わないと感じることがあれば、早期に医師に相談することが良いであろう。