アレルギーの問題

アレルギー性鼻炎の辛い症状

アレルギー性鼻炎には、「花粉症」と知られている「季節性アレルギー性鼻炎」とダニやカビ、ハウスダストなどを抗原とする「通年性アレルギー性鼻炎」かあります。 アレルギー性鼻炎は、季節性、通年性を問わず、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに加え目のかゆみや充血等、その症状は実に様々です。症状が重くなると鼻づまりの為に夜眠ることができなくなったり、集中力が低下したりと、日常生活にも多大な影響を及ぼします。 症状が重く辛い場合は無理をせず、医療機関を受診した方がいいでしょう。 特に「通年性アレルギー性鼻炎」は季節を問わず症状が現れるので、医療機関をこまめに受診して「今、どんな症状で、どう困っている」のかを相談し、症状にあった治療をして、アレルギー症状を緩和させる必要があります。

なたまめ茶で体質改善

アレルギー性鼻炎の治療には、第2世代抗ヒスタミン薬をはじめ抗ロイコトリエン薬、鼻噴射スプレーなどがあります。場合によっては手術といった治療もありますが、体質改善をする事でアレルギー症状が緩和されることもあります。 アレルギー性鼻炎によく効く民間療法に「なたまめ茶」があることをご存知でしょうか。 「また豆茶」には、体内の膿を排出する効果や血行促進、代謝力アップ、免疫力を高めてアレルギー症状を緩和させる効果があります。 なたまめ茶はノンカフェインなので身体に負担もかけないことから、お子様でも安心して飲むことが出来ると思います。 なたまめ茶には薬のような即効性は期待できませんが、長期にわたり飲用することで「アレルギーの起きにくい体質」を手に入れることが出来るかもしれません。