摂取に気をつける

コレステロールの摂取量を気をつける

高脂血症は自覚症状がないため静かに進行していく病気とされています。 正しい検査を受けていないと気が付かないケースも多いようです。 遺伝因子や食事などによる環境因子により肥満や糖尿病または腎疾患などの1症状としてあらわれます。 高脂血症の症状が進んでいくと動脈硬化などになってしまう危険性があります。 これらの症状を予防するためにも食事の改善や運動を取り入れることが大切です。 まずはコレステロールの摂取量を気につけた食生活が大切になります。 コレステロールを体外に排出してくれる働きがあるのは食物繊維です。 ゴボウやりんごやオクラやコンニャクなどが良いでしょう。 食物繊維が含まれるサプリメントなども一緒に取り入れるのも良いでしょう。

高脂血症の低年齢化を予防するために必要なこと

高脂血症の予防に役立つ栄養素はその他にコレステロール値を低下させてくれるIPAやDHAが含まれるサンマやイワシやカツオやアジなどを取り入れると良いでしょう。 これらの成分のサプリメントを取り入れるのも効果的です。 高脂血症は生活習慣病ともいわれますので、現代の運動不足や動物性油脂が含まれる食事の多い生活をしている方に多く見られます。 豊かになった食生活に伴い、日本人のコレステロール値の増加しています。 また成人だけでなくこれらの生活の低年齢化が進んでいます。 小さいころから野菜やくだものや魚を中心とした食生活にしていく必要があります。 親も子供のためを思ってこのような食事作りを心掛けるようにすると良いでしょう。